TBS旧友会

 TBS旧友会のつどい (2009年のブログより転載)

 3年ぶりに《TBS旧友会》の総会に出席した。いやなに別に会社ぐるみの小難しいセレモニーではない。旧ラジオ東京が1951年(昭和26年)の暮れに、民間放送として初の電波を流して以来、今日に至るこの約半世紀の期間に、かつてこの会社で定年を終えた社員が、時に応じて旧交をあっためる、いわば同じ釜の飯を食った連中の、ごくフリーな親睦会だと考えていい。それがこの月の17日に、今年最初の会合に当たる第47回定期総会を開いた。
 
 場所は赤坂にあるホテルニューオータニの一室。今回は全部で220名の旧社員が顔を見せた由。目下生存の会員数は1050名を数えるそうだから、ほぼ全体の2割強の出席になる。もちろんすでに亡くなったほぼ400人の旧会員はそこには含まれない。それを加えて1500人前後の団体といえば、これはもう立派に中堅企業として通用する人的規模だ。対するところの母体であるTBSの正規社員は、それより下まわって昨今では1000名ほどのはずだから、数だけからいえば、いったいどちらがメインの組織なのか、ちょっと面喰ってしまう。
 
 実際、この会合が進行する2時間ほどのあいだは、みんなけっこう楽しそうにはしゃいでいた。また集会の目玉行事として、毎回喜寿(77才)を迎えたメンバーにはお祝いの金一封を手渡す決まりがあり、これは誰が考案したか、当初からの心温まる気配りのセレモニーだ。その年の該当者はリボンをつけて正面のいす席に座らされ、少々気恥かしいがひとりずつ名前が読みあげられると、それと引き換えに白いお祝い袋を受け取る手順になっている。そのせいだろう、毎年それに該当する年次の会員だけは、ずばぬけて出席率が高いというから人間らしいというか、つい笑ってしまう。ちなみに今年は42名が該当者だったが、うち29名が顔を出した。
 
 しかし数の話しはともかく、この《旧友会》の顔ぶれも、よくみると少しづつ中身や質に微妙な変化が起こってきている。なんだかぜんたいの雰囲気が、近年急に老人臭くなってきた印象があるのだ。年々在籍者の年齢が1歳づつ上がっていくのだから、これは当たり前の話で、長寿の意味では結構なことともいえるが、10年ぐらい前までのこの団体には、いい意味で、本社に対する一種のご御意見番的なこわもての一面があった。本社からの役員や重鎮のあいさつにも、「先輩であるみなさんのご意見ご指導を、ひたすら心に受け止め努力を重ねていく所存
」などいう言葉がよく使われていたものだ。
 
 実際、90年代のはじめに、N証券会社を介した事前のウラ取引事件で、最後は引責辞任に追い込まれたT社長のケースなど、引き金はこの旧友会メンバーにあったように記憶する。病気や株の話よりも、まずジャーナリズムとしてのあるべき姿への厳しさが、旧社員にとってのもっとも強い関心事だったのである。その時は、パーティの酒食などそっちのけで、口角泡を飛ばして最後まで雰囲気が殺気立っていた。「TBSのメンツと信用にかけて、白黒だけはぜったいにつけなければ」と、強い結論を下して、社のトップにストレートな進言の段取りを企てたものだ。

 それ以後わたしも毎年出席しているわけではないが、そのころと比べ昨今はみんな足腰もたるんで歯切れが悪く、頭角や額にもきわだってシワが増えたことは争えない。加えてこの親睦グループは、母体である東京放送から
○○○万円かの資金援助を受けて発足、あとはその取り崩しと年会費だけで運営されている。近年は採用社員の制限で、加入者の数も目に見えて少なくなり、基金が使い果たされたあかつきには、いったいどうなってしまうのか。単なる囲碁やゴルフの仲良しグループで自足するのか。

 ともあれこういう機会に、思ってもみなかった昔の仲間に巡り合えるのは、この会ならではのうれしい発見であり楽しみである。今回の出席メンバーのスターは、たまたまつい先日8年にわたる行政の役割を終えたばかりの、前千葉県知事堂本暁子さんだった。参議院議員の2期をふくめ、十数年ぶりの里帰りといっていい。たまたま喜寿に当たる酉年生まれで、例の祝い金がでるからぜひにと、《旧友会》幹事からの連絡を受け、急きょ駆け付けたのだという。みんなに「知事さん」ではなく、昔の「ドウモッチャン」の呼び名で声をかけられながら、酒を酌み酌みいかにもたのしそうな交歓風景がみられた。

  

     ホームページ「二つの目―ダンスと社会―」“鵜飼宏明のジャーナルノート”より
        
 
* 私のTBS在籍時代は1953〜79で、上の写真はその期間に撮った可視資料の何枚かです。

 TBS旧友会はその名のとおり、かつて局に在籍した社員によって構成されているグループで、2013年10月現在の会員数は912名。毎年春の総会と秋に有料交信懇談会という年2回定期の集会がある。私は8割方出席しているが、年々新入会の数と並ぶぐらい人が他界しており、例えば今年1月に編集発行された「塔友」(会報誌)に投稿されている一文「仕事と重なってしまい、ざんねんですがけっせきさせていただきます。皆様によろしくお伝えください」は、アナウンサーであったあの文さんこと山本文郎氏の短信だが、その後体調を崩し、今はすでにこの世にはいない(2月26日肺胞出血で死亡)。
最近版の2014号にも、吉川季男さん、三輪俊道さん、忠隈昌さん、弟子丸千一郎さん、三浦啓次さん、近藤夏樹さんなど、懐かしい人たちの訃報が報ぜられている。みな私のせいぜい2、3年ぐらいの先輩だが、最近は年下の仲間も少なくない。遠からず私も彼らの仲間入りをして、会報に1行の告知が掲載されることになるだろう。
−October、 2013ー

 2015年の秋の懇親会に出てみた。春の総会は欠席したので1年ぶりである。会場は赤坂放送会館だが、先ず午前11時から11Fのセミナールームで1963年に放送された毎日マラソンの中継録画を上映してみせた。これは翌年の東京オリンピック開催を控え、同じコースを走る「毎日マラソン」をライブで移動生放送してみるという、当時としては大胆で野心的な番組。今は懐かしい泉大介や近江正俊アナウンサーらの顔も見えた。また番組そのものにもスタッフの高揚する意気込みが感じられ、民放王者時代のTBSの威力といったものを再確認した次第。そのあと場所を変えて13Fのホールへ移り、ここで交歓の会食パーティが行われる。明るい照明下に照らされた、100名を超す会員たちの頭は、どれも白髪か禿頭ばかり。それでも久々に声を掛け合う仲間たちと出会え、杖を突きながらでも、何とか参加できてよかったことを実感。同時に今年は顔の見えない誰彼を、どうしているのかと気遣う、それも話題の裡の老人たちの年次集会であった。−October,2015−