履 歴 書 本文へジャンプ

年度 年齢 所属・行為・出来事 その他
昭和5年
-1930-
 
  1歳  京都市に生まれる。家業は法衣仏具店
昭和8年    3歳  10月妹達子の誕生
昭和12年    7歳   尚徳尋常小学校に入る 7月7日支那(日中)戦争が勃発
昭和16年   11歳  12月8日未明太平洋戦争はじまる
昭和18年   13歳  松原中学校(市立一中)へ入学 8月父親を亡くす
昭和20年   15歳  東京大空襲 8月15日終戦
 昭和23年    18歳  旧第3高等学校に入学、文科丙類(フランス語:伊吹武彦先生)
昭和24年   19歳  新制東京大学を受験、文化一類に入学
昭和26年  21歳   ドイツ文学部を選択(相良守峰教授) 卒業論文〔ゲオルグ・ビュッヒナー〕
昭和28年 23歳  大学卒/東京放送(JOKR)入社/ラジオ編成局/宇佐美倫美と結婚
昭和30年
-1955-
 25歳  文芸部演劇科 ラジオドラマ・安倍公房作「鉛の卵」ほか
昭和33年  28歳  テレビ局へ移動 〈テレビ幼稚園〉など朝の番組を受け持つ
昭和34年  29歳  2月18日長男卓が生まれた(立川病院)
昭和36年  31歳  ぬいぐるみ子供音楽劇「ロボッタン」 三輝容子と知り合う
昭和39年  34歳  立川から国分寺へ引っ越し 10月東京オリンピック開催
昭和40年
−1965−
 35歳  資生堂番組「女性専科」でハワイ取材 ホステス野際陽子
昭和41年
 36歳  「アレキサンダー東征の道」で中近東一帯をサーヴェイ
 若者向けの帯番組「ヤング720」をスタートさせる(10月31日〜)
昭和42年 37歳  ヨーロッパへ映画取材 由美かほる、関口宏 らと
昭和44年 39歳  アメリカへ放送事情を視察出張 (ロス、ニューヨーク他)
昭和45年
−1970-
 40歳  11月25日三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊官舎で自決
昭和46年 41歳  TBS朝のワイドショー「モーニング・ジャンボ」プロデュース
昭和47年 42歳  ミュンヘンオリンピック L.リーフェンシュタイン取材(文春)
昭和48年  43歳  報道制作部へ移動 「Passport4」担当でロス&カナダへ
昭和50年
−1975−
 45歳  「テレビルポルタージュ」プロデユーサーとして選任
昭和51年  46歳  報道制作部長に就任/ 「モダンダンス出航」(日下四郎)
         
昭和53年  48歳  ロシア出張(TBS)/キュービック第1回公演
昭和54年
 49歳  4月付けでTBSを退職
昭和55年
-1980−
 50歳  キュービックのオーストラリア・シドニー公演
昭和56年  51歳  母すて没(5月12日) 1894-1981
昭和57年  52歳  キュービック第5回公演(「地球は汗をかいている」)
昭和58年  53歳  「太陽と砂との対話」出版(鵜飼宏明)
昭和60年
−1985−
 55歳  日航ジャンボ747機が御巣鷹山に墜落(8月)
昭和61年
 56歳  キュービック第10回公演(「体育館のペトルーシュカ」)
昭和63年 58歳  岳父宇佐美稔没 81歳(2月22日) 初孫 航 誕生(6/1)
昭和64年 59歳  昭和天皇没(1月7日) ベルリンの壁崩壊
平成2年
−1990-
 60歳  キュービック最終公演(「虫めづる姫君」) 優子誕生(7/10)
平成3年 61歳  淑徳短期大学の非常勤講師となる(1991-1997)
平成6年 64歳  「竹久夢二の淡き女たち」出版(日下四郎)
平成8年  66歳  義母宇佐美雪枝没 86才(5月31日)
平成9年  67歳  「東京大学学生演劇75年史」「現代舞踊がみえてくる」出版
平成10年  68歳  日本女子体育大学大学院への非常勤出講(1998-2000)
平成12年
−2000-
70歳  人工膝関節手術で倫美入院(5月) シドニーオリンピック
平成15年 73歳  ダンス・エッセー「ダンスの窓から」出版
 平成17年  75歳   「さすが舞踊、されど舞踊」出版(文芸社
平成19年  77歳  「ルドルフ・ラバン」(翻訳)出版 三輝容子没(5月10日)
平成21年   79歳  「続・ダンスの窓から」出版
平成22年
-2010-
 
 80歳  倫美特養老人ホームへ入所(3月15日)
平成23年   81歳  3月11日東日本大震災(福島原発メルトダウン)
平成24年  82歳   「新・ダンスの窓から」、「選・ダンスの窓から」を春・秋に夫々出版
平成25年  83歳  「選・ダンスの窓から」の電子版が完成
平成26年   84歳  舞踊評論の絶筆を宣言。12月kk-VIDEOへの100号E原稿を以て完全撤退
平成27年
-2015-
 
 85歳  「現代舞踊のパイオニア」発刊。高田夫妻コーナーを執筆(丸善出版)
 平成28年  86歳  1月2日実妹こと佐藤達子伊豆宅で急死(82才3か月) 
 昭和20年代の青春譜「ナナとジャン」上下本を2月に出版 (青風舎)
 4月4日妻倫美国分寺病院にて肺炎死(83歳2か月)
 旧宅を整理して売却、ライオンズ・マンション恋ヶ窪へ転居
平成29年   87歳  3空間に閉じ込められたマンション生活での初年度1年を生き延びる
平成30年    88歳  Amazonから電子ブック版「さすが舞踊、されど舞踊」(2005が改装発刊