お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。

HOME 更新記録 プロフィール Concert 音楽 写真日記 写真館 今日の空 美術館 リンク N響団友オーケストラI

Music Room

ナンバー1 バッハの調律法の王冠 ナンバー2 鍵盤楽器の調律 ナンバー3 チェンバロ ナンバー4 Myマエストロたち

音楽の部屋

特殊相対性理論で知られるアルベルト・アインシュタインが「私にとって死ぬということはモーツァルトを聴けなくなることだ」と言ったことが知られているが、私 の場合は「死んだらフルートが吹けなってしまう」に他ならない。フルートが吹けなくなるなんて死んでも死にきれない。

Petite Sortie
(Petite=小さな Sortie=出口=小出)


幼少の頃の私はことある毎に親に対して「フエ買ってフエ」としつこく云っていたらしい。それ程までに笛の音が好きになってしまったのだ。それは傘寿になる今でさえ全く変わりが無い。中学1年のころから新聞配達をして稼いだお金で竹の笛を(紫笛と書いてあった)買って吹いていた。やがて自分でも竹に焼き火箸で穴を開けて作っては吹いていた。竹の笛からフルートになったのは中学3年生の時だった。それからはや65年。吹いても吹いても飽きないで愛し続けてきたフルート。(2018)

現在の自分に対する法則。
「重ねたトシと練習量は正比例する」

私が生涯で最もきれいな音を出すとき、それはこの世で最後にフルートを吹く時でありたい。



Old boys be ambitious ! !

演奏依頼、レッスン等のお問い合わせはお気軽に『こちら』からどうぞ。

Please click.


CD KOIDESSIMO II



私の配偶フルート

私の「配偶フルート」は2本ある。お互いに相手にはないものを持っている。(私にとって)甲乙をつけがたい名器だ。


Haynes flute
ヘインズフルート 総14金 low B footjoint(彫刻入り)

14K Gold, Deveau scale, low B footjoint with gizmo, French cups, Serial Number 48690 1989 Boston(sculptured)
G・フォーレ ベルシューズ fl.小出信也 pf.天沼裕子 from CD KOIDESSIMO I(収録 瀬戸田ベル・カントホール)




Powell flute
パウエルフルート グラナディラ メカニズム14Kローズゴールド low B footjoint

Grenadilla wood body and 14k rose gold keys, Modern Powell Scale, A-442, low B footjoint with gizmo, French cups,
Serial Number 12771 Completion Date:May12 2006 Boston
M・ベルトミュー ロマンティック組曲より fl.小出信也 pf.鷲宮美幸 from CD KOIDESSIMO II(収録 和光サンアゼリア大ホール)



Flûte ! Flöte ! flauto ! Flute !


Weitere Verfolgung der schönen Klang !
より美しい音を求めて!


中音のA2 (二点イ)を吹いている口

私の奏法
 歌口の手前側が上から下までピッタリ肌に密着するように当てる。横から見てここに隙間があると安定しない。唇に当てようとすると唇が固くなり自由がきかなくなって音色の変化がつけられなくなる。唇をめくるようにして当てることなどは論外。口腔は「お」の発音の時のように開く。必要な筋肉以外は極力緩める。更に「鳴らす」と思わずに「響かせる」と思うように吹く。吹きすぎは禁物。最近のフルートは歌口が良くできているから吹きすぎても受け入れてしまうのが問題。フルートを通して「吹いている空間の空気を振動させる」わけである。
 私は木管の音が好きでここ数年ずっと木管を吹いている。金属管との違いは音質と音色だろう。これは善し悪しとは無関係で好みの問題である。木管のフルートはNHKホールの様に大きなホールで吹いても音が広がっていくのが判って心地よく、問題を感じたことなど一度も無い。ところがあるフルートの専門店のサイトに木管のフルートに対して次にように書いてある。
 しかし自動車に例えればセカンドカー的存在で、これ一本ですべてのジャンルの音楽を演奏するには考えものです。音のパワーや音色の変化は、やはり金属管の方が優れています。」
 これはとんでもない発言だ。私は木管の名誉のために云っておかなければならない。数十年まえから木製のフルートを吹いているが、このような事をタダの一度も感じたことがなく、何故このような言葉がでてくるのか、私にはちょっと不可解で理解出来ない。ユーザーにフルートを提供する立場の人がこのような間違った先入観を与えることの「害」は計り知れない。



無名 真鍮製(15才の時に初めて吹いたフルート)1953年に中古で購入

Nagahara handmade Flute
Nagahara handmade Flute No.146 1997 Boston(This is for my wife.)

Phlipp Hammig
Phlipp Hammig No.15141 Markneukirchen

Quesnon
Quesnon S.A 6key Paris

Mayer?
No name 10 key(H管)

strasbourg
J.M Bürger Strassburg ベーム式円錐管

Rottenburgh  Weemael
Rottenburgh Weemaels

Grenser  Cameron
Grenser Cameron

マルクノイキルヒェンのピッコロ
上から 4 key(無名)、6key(Carl Gottlob Schuster jun. Markneukirchen)、8 key(無名)

Yamada piccolo
Yamada piccolo No.80

Recorde Rottenburgh Sopranino Moec
Recorde Rottenburgh Sopranino Moeck(下)


楽器ケースに並ぶ愛器たち
楽器収納ケースに並ぶ愛器たち



HOME 更新記録 プロフィール Concert 音楽 写真日記 写真館 今日の空 美術館 リンク N響団友オーケストラI

掲示板

アクセスカウンター