HOME 更新記録 プロフィール Concert 音楽 写真日記 写真館 今日の空 美術館 リンク N響団友オーケストラI

Music Room

ナンバー1 バッハの調律法の王冠 ナンバー2 鍵盤楽器の調律 ナンバー3 チェンバロ ナンバー4 Myマエストロたち

音楽室へ戻る

春山 直英氏制作

二段鍵盤フレミッシュタイプ チェンバロ(ピッチ可変式)


春山直英氏製作のチェンバロ
春山直英氏がウルシにかぶれながら製作したチェンバロ

1981年に春山直英氏に発注して、3年後の84年5月に完成したお気に入りのチェンバロ。サイズは長さ233センチ、幅95センチ、63鍵の二段鍵盤で8フィート×2プラス4フィート。左右に半音ずらせるようになっている(この場合は平均律に限る)。親しかった輪島の塗師故奥田達朗氏から「ウレタン樹脂などを塗ると材を密閉してしまうが漆は樹液だから塗ってからも木は呼吸できる。きっと良い結果が得られるよ」と言われて拭漆にした(木地に生うるしを直接摺り込み、乾いたら磨く工程を繰り返す塗りの技法で木目がきれいに浮き出るのが特徴)仕上げにした。(奥田達朗氏が急逝したために弟の奥田二郎氏の仕事となった)。音質だけを追求したので装飾などは一切無い。プレクトラムにはダチョウの羽根を使っている(加工調整は一切私自身で行う)。アセタール樹脂のデルリンやカーボンのプレクトラムもあるが、楽器の命である“音色”と“響き”を得るためには鳥の羽根などの生きたものがベストであるというのが私の持論である。

鳥の羽根からプレクトラムをつくる作業
羽根の芯のところを使って小さなツメを削り出す作業には手術用のメスを使って行う。
全部で200近いツメの音色音量を揃えながらの作業には完成するのに1ヶ月以上かかる。


春山直英さん
春山直英氏と愛犬ごんちゃん
連絡先 
〒 391-0115 諏訪郡原村字原山17217-114 電話&Fax 0266-75-3013

haruyamaLogo.jpg




アクセスカウンター