上山藩武家屋敷 本文へジャンプ
旧曽我部家

低い石垣に囲まれた築約250年以上の曲り屋の中門作りで20年ほど前まで実際に住んでいた。
したがって萱屋根の部分以外は、生活に便利な様に改造改築されているが式台(格上の人が出入りする玄関)は現存する。
庭には池があり、西山から引いてきた堰(八幡堂堰)により水を湛えている。
水琴窟も設置され、日本庭園に趣きをかもし出している。また現在も家の裏にはつるべ井戸がある。
 平成25年度から市の所有になり、補修が終わり綺麗になった。まだ南側の下屋を取り払う改修が残っている。

旧曽我部家正面

旧曽我部家季節の草花季節の草花  クリックして下さい。

上山市指定文化財


補修改築後の旧曽我部家





旧曽我部家庭園


曽我部家水琴槽(水琴窟)

        音色           

雪景色の曽我部家