冬の風景

ごあいさつ

 岐阜県歴史資料保存協会は、岐阜県内の歴史資料、特に文書資料の調査・保存を通じ会員相互の連絡・提携をはかることを目的として、昭和49年に設立されました。歴史資料の研究をこころざす方々の交流の場として、関係分野でご活躍の皆様はもとより、歴史に関心のある方の協会へのご参加を心からお待ちいたしております。
  <連絡先>〒500-8014 岐阜市夕陽ヶ丘4番地 岐阜県歴史資料館内
         協会専用TEL/FAX:058-214-8561
         メール:gifuhozon-kyokai@hb.tp1.jp

▼岐阜県歴史資料保存協会の入会案内パンフレットはこちら。
 入会は こちらの申込フォームから。


令和5年度全体研修会が開催されました

詳細はこちら
  

協会取り扱い図書・資料等

▼県古文書読解講習会の過年度テキスト販売について
過年度のテキスト(史料集と解読集のセット)を販売しています。
ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。


▼現在、協会で販売している図書・資料等
新着情報
・現在販売中の図書
・協会が所蔵する市町村史・県史等
・濃飛史艸バックナンバー
1部100円です。郵送希望の場合は、郵送料100円追加 合計200円です。
※代金は200円分の切手を郵送ください。
新着情報
・丸山幸太郎顧問(元会長)が『徳川家康と美濃四将の謎』を刊行されました。本書は、斎藤道三・織田信長・明智光秀・古田織部の美濃四将の謎について解明するとともに、戦国の世を終焉させ新たな国づくりを実現した徳川家康について、四将が目指したものとの関わりや違いについて述べられています。
価格は1,400円(消費税分割り引き)です。
・新井弘子氏著書『前田土佐守家資料館所蔵 慈芳院の書状』  700円(会員500円)
・小川敏雄顧問(前会長)著書 『比類なき大変ニ相成候』  1,200円
上記の4図書の郵送は郵送料200円追加

・会員 西村覺良氏著書『田辺家三代記』 3,000円
・角田市郷土資料館刊行『牟宇姫への手紙 三』(角田石川家に嫁いだ伊達政宗の次女牟宇姫への手紙集) 1,500円(会員1,300円)       
・会員 増田修氏著『美濃・尾張の石碑を訪ねて』(A4版396頁) 1,800円(会員1,500円)
上記の3図書の郵送は郵送料370円追加

・会員 冨田満江氏著書『名もなき人々の歴史−濃州安八郡小泉村の江戸時代−』 1,000円
            ※第9回全国新聞社出版協議会「ふるさと自費出版大賞」優秀賞受賞作
郵送の場合は郵送料370円追加

◎いずれも県歴史資料館内 協会事務局で販売
郵送ご希望の方は郵送料金追加でお願いします、メールまたはお電話でお申し込みください

お知らせ

▼岐阜新聞連載小説「土岐の鷹」の連載開始について 
 小説「土岐の鷹」が、令和6年度5月連休明けから岐阜新聞で連載されます。 著者は早見俊氏、原作は井澤康樹氏です。主人公は土岐頼芸と明智光秀のダブルキャストで、300回の連載です。当協会員で、美濃源氏フォーラム理事長井澤康樹氏より連絡がありました。
 
▼会報『濃飛史艸』133号の訂正について
 会報『濃飛史艸』133号(令和5年4月発行)に数箇所誤りがありましたのでお詫びし、訂正いたします。主な訂正箇所は下記をクリックしてください。
主な、訂正箇所
          
▼垂井町から『垂井町史』の販売についてのお知らせがありました
    「新修 垂井町史」通史編・史料編 各4,000円です。
    販売場所は、タルイピアセンター、垂井町役場会計窓口、垂井町文化会館です。

【新型コロナ感染症対策に関わるお知らせ】

○5月1日 5類移行後も慎重な感染対策を
 5月8日から、新型コロナは、季節性インフルエンザと同じ5類感染 症に位置づけられ、特措法に基づく様々な要請は終了しましたが、 岐阜県では、「5類移行後(5月8日以降)における対策」が決定されました。  このことについて、県より、協会へ通知がありましたので、会員の皆様にはご周知をお願いいたします。
<添付資料>
・資料15類移行後も慎重な感染対策を
・資料25類移行後(5月8日以降)における対策
※詳細につきましては、岐阜県公式ホームページをご覧ください。

最新情報&更新情報