紅葉の秋

ごあいさつ

 岐阜県歴史資料保存協会は、岐阜県内の歴史資料、特に文書資料の調査・保存を通じ会員相互の連絡・提携をはかることを目的として、昭和49年に設立されました。歴史資料の研究をこころざす方々の交流の場として、関係分野でご活躍の皆様はもとより、歴史に関心のある方の協会へのご参加を心からお待ちいたしております。
  <連絡先>〒500-8014 岐阜市夕陽ヶ丘4番地 岐阜県歴史資料館内
         協会専用TEL/FAX:058-214-8561
         メールgifuhozon-kyokai@hb.tp1.jp


▼岐阜県歴史資料保存協会の入会案内パンフレットはこちら。
 入会は こちらの申込フォームから。

新着情報
《全体研修会のご案内》
10月に全体研修会を開催します。なお、本年度はコロナウイルス感染防止のため参加者は会員のみとしております。 先日お送りしました郵送物の回答はがきを9月30日(水)迄に返信していただきますようお願いします。 ご参加される場合はマスク着用でお願いします。また、各会場受付で体温測定させていただきます。なお、コロナ感染状況や気象警報などにより、急遽中止の場合も想定さてますので、前日に当ホームページで開催について確認してください。

《地区研修会のご案内》
10月に県内5地域で地区研修会を開催します。参加ご希望の方は、各地区の実施要項にしたがってお申し込みください。 一般の方も申込み可能です。ご参加される場合はマスク着用でお願いします。また、各会場受付で体温測定させていただきます。なお、コロナ感染状況や気象警報などにより、急遽中止の場合も想定さてますので、前日に当ホームページで開催について確認してください。

▼書面議決結果の報告
○令和2年度通常総会中止に伴い、提案議題について書面議決を行っていただきました。その結果、事務局提案の令和2年度役員案・予算案など全議案に全会員の皆様の賛成をいただき可決されました。

▼第1回理事会の報告
今年度の第1回理事会が6月5日に開催されました。その結果を報告します。
○新型コロナウイルス感染防止のため今年度の県古文書読解講習会は中止することが決定されました。その分、会員の皆様には、各自で学習いただけるよう若干の資料を送付することになりました。
また、過年度のテキストを販売します。ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。
○全体研修会、地区研修会は現時点ではコロナ感染防止対策を行って実施するが、9月以降の感染状況に応じて中止することもやむを得ないということが決定されました。


▼現在、協会で販売している図書
・小川敏雄会長著書 『比類なき大変ニ相成候』       1,200円
・会員 西村覺良氏著書『田辺家三代記』          3,000円
・会員 冨田満江氏著書
『名もなき人々の歴史−濃州安八郡小泉村の江戸時代−』   1,000円

    資料館内 協会事務局で販売
    郵送ご希望の方は送料200円追加、メールでお申し込みください
   歴史資料館とその周辺

【新型コロナ感染症対策に関わるお知らせ】
新着情報
○8月7日 本日知事会見が行われ、夏休み、お盆休みを迎え
「「第2波非常事態」に対する緊急対策(R2.8.7改定版)」及び「知事メッセージ(R2.8.7)」が出されました。 会員の皆様にはご周知していただくとともに、引き続き感染防止対策にご協力を賜りますようお願い申し上げます。
過去の文書はこちら


最新情報&更新情報