冬の風景

令和3年度岐阜県古文書読解講習会について


・今年度の講座は全会場とも終了しました。
◆ 令和3年度 岐阜県古文書読解講習会の当初の計画案内 ◆
飛騨・東濃・中濃会場の実施報告
岐阜・西濃・中級会場の実施報告
・今年度のテキストご購入希望の方は、その旨ご連絡ください。送料200円追加で送付いたします(振込手数料は協会負担)
 テキスト価格は、一般2,500円 学生・協会員は1,500円です。
 メールgifuhozon-kyokai@hb.tp1.jp

【新型コロナ感染症対策に関わるお知らせ】


新着情報
〇令和4年1月6日 オミクロン株の感染者急増 感染予防の徹底継続を
 新年を迎えましたが、オミクロン株感染者急増してきており、県より「コロナ社会を生き抜く行動指針」の改訂について、 及び感染予防の徹底と継続について連絡がありました。
 会員の皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
<添付資料>
【資料1】「コロナ社会を生き抜く行動指針」(令和4年1月4日 変更)
【資料2】「コロナ社会を生き抜く行動指針」新旧対照表(令和4年1月4日 変更)
【参考資料1】新型コロナウイルス感染症 オミクロン株拡大中 年末年始も油断なく
【参考資料2】新型コロナウイルス感染症対策 〜感染拡大防止と社会経済活動の両立〜
※詳細につきましては、岐阜県公式ホームページをご覧ください。
過去の「お知らせ文書」はこちら

ごあいさつ

 岐阜県歴史資料保存協会は、岐阜県内の歴史資料、特に文書資料の調査・保存を通じ会員相互の連絡・提携をはかることを目的として、昭和49年に設立されました。歴史資料の研究をこころざす方々の交流の場として、関係分野でご活躍の皆様はもとより、歴史に関心のある方の協会へのご参加を心からお待ちいたしております。
  <連絡先>〒500-8014 岐阜市夕陽ヶ丘4番地 岐阜県歴史資料館内
         協会専用TEL/FAX:058-214-8561
         メール:gifuhozon-kyokai@hb.tp1.jp


▼岐阜県歴史資料保存協会の入会案内パンフレットはこちら。
 入会は こちらの申込フォームから。

▼県古文書読解講習会の過年度テキスト販売について
過年度のテキスト(史料集と解読集のセット)を販売しています。
ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。


▼現在、協会で販売している図書・資料等

・協会が所蔵する市町村史・県史等
・濃飛史艸バックナンバー
1部100円です。郵送希望の場合は、郵送料100円追加 合計200円です。※代金は200円分の切手を郵送ください。
・小川敏雄会長著書 『比類なき大変ニ相成候』       1,200円
・会員 西村覺良氏著書『田辺家三代記』          3,000円
郵送の場合は郵送料200円追加

新着情報
このたび下記の冨田満江氏の著書が、共同通信社の第9回全国新聞社出版協議会「ふるさと自費出版大賞」で優秀賞受賞となりました。
・会員 冨田満江氏著書
『名もなき人々の歴史−濃州安八郡小泉村の江戸時代−』 1,000円
    郵送の場合は郵送料370円追加


歴史資料館とその周辺

新着情報
・会員 増田 修氏著書 『美濃・尾張の石碑を訪ねて』 1,800円 郵送の場合は郵送料370円追加
※各務原市の会員増田修氏が10年をかけて美濃・尾張の史跡・石碑・金石文・常夜燈・道標を訪ね歩いて調査し、A4版396頁の『美濃・尾張の石碑を訪ねて』を出版され、 協会へ20部寄贈いただきました。

いずれも県歴史資料館内 協会事務局で販売
郵送ご希望の方は郵送料金追加でお願いします、メールまたはお電話でお申し込みください
    
▼垂井町から『垂井町史』の販売についてのお知らせがありました
    「新修 垂井町史」通史編・史料編 各4,000円です。
    販売場所は、タルイピアセンター、垂井町役場会計窓口、垂井町文化会館です。

最新情報&更新情報