暇つぶし写真記 TOP ←

春の妖精 カタクリの花

特集 「白いカタクリの花」

カタクリの白花には 神秘的な魅力がある。
春の野花が好きな方には、憧れの存在です。
2018/04/19
「白いカタクリの花」 は
花びらに色素が形成されない(又は極めて少ない)ために
白い花を咲かせる白花変種 (はくかへんしゅ、白変種※2)です。
・・・つまり、カタクリの白花型(白花種)であり、突然変異ではありません。
アルビノ
※1と混同されてる方も多いようですが、性質は異なります。

自生するものは非常に稀で、数万本に一本と言われています。
花の色の遺伝は 赤花が顕性(優性)で、白花は潜性(劣性)である為なのでしょう。

カタクリは発芽から花を咲かせるようになるまでに7~8年を要し、
その後は複数年に渡り 花を楽しむことができます。
ただし、毎年花を咲かせるとは限らない、との事。
カタクリは多年草で、その寿命は20年から50年とも言われています。 ・・・驚、
そこに白いカタクリの花が咲いていたのなら、翌年も同じ場所へ行くといいですね。


※1 アルビノは、色素に係わる遺伝情報の欠損により、先天的に色素が欠乏する 遺伝子疾患のある個体。
動物においては、メラニン色素が欠乏し、紫外線に弱いなど 病気・障害のリスクが高くなります。
体色は概ね白色かピンク色になりますが、一部の色素が残ることもある。
一方植物においては、光合成色素である葉緑素が欠乏し、既に致命的。生存率は ほぼゼロです。

※2 白変種は、色素の減少によって 本来の色を失い 白く変化した個体。
動物においては、体表面(体毛、羽毛、皮膚、鱗など)の色素が減少し、
植物においては、主に花びらの色素が減少します。
それぞれ メラニン色素、光合成色素に影響はなく、いたって正常な個体と言えます。

また、白変種以外にも、特定の色素の増減により 色変わりする変種もあります。
その一例が、”黄色い花を咲かせる黄花変種のクロユリ” です。 ・・・もはやクロユリとは呼べない。
( 説明には不備な点や誤りも御座いましょう、詳細は各専門サイトをご覧ください )
白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花白いカタクリの花淡いピンクのカタクリの花
画像上にカーソルを合わせてください。

一口に 「白いカタクリの花」と言っても 様々なタイプがあります。
色素の現れ方により 雄しべの色や花びらの紋様の色に変化が見られ、
その組み合わせが多様なため バリエーションは豊富です。
また、開花後の時間の経過でも 色は変化して行きます。
白いカタクリの花
もう少し春を楽しみたくて、標高の高い所へ。
これが今年最後の白いカタクリの花。
2018/05/12
白いカタクリの花
1日遅れて、咲き揃いました。
2018/05/02
白いカタクリの花
同時オープンとはならず。
せっかく、ここまで歩いて来たのに。
2018/05/01
白いカタクリの花
白づくしを満喫 !
「白山白川郷ホワイトロードの白いカタクリの花」
 本日、無料区間開通で、さっそく行って来ました。
2018/04/28
白いカタクリの花
2018/04/28
白いカタクリの花
毎度お馴染みの、おしどり夫婦。
2018/04/28
白いカタクリの花
白いカタクリの花
白いカタクリの花
「色変わりするカタクリの花」
開花前日、開花当日、開花三日後の花びらの色。
薄緑 ⇒ 白 ⇒ 薄紅 ⇒ 明日はどんな色 ?
2018/04/23. 24. 27
白いカタクリの花
2018/04/26
白いカタクリの花
開花後二日経ち、すっかり反り上がりました。
雄しべは粉を吹き 縮みましたが、いい形だね~
そうそう、もう一つ蕾を発見。ここでは今年8本咲きそうです。
2018/04/22
白いカタクリの花
2018/04/19
白いカタクリの花
SSKの白花も本日御開帳 !
しかし、今年は7本しかなかった。 例年より少ないのが 気になります。
私事ですが、久々の山歩き、とても疲れました。 体力の衰えも 気になります。 ・・・ふ~
2018/04/19
白いカタクリの花
ここでは今年、新たに1株増えました。 ・・・しかし、
先週 別の場所で、蕾の段階の4株が盗掘され、悲しい思いをしました。
2018/04/13

私の知る限りですが、白花は県内に50株程しかありません。
このままでは、絶滅してしまいます。
白いカタクリの花
試練を乗り越え、今年もダブルで咲いてくれました。
小ぶりで、とっても可愛い !
2018/04/01
白いカタクリの花
三年前に出会った おしどり夫婦。
今でも いつもの木の根元で、寄り添って咲いている。
2017/05/05
白いカタクリの花
ダブル(2本咲き)
去年はシングルで、肩身が狭かったけれど、仲間ができました。

2017/05/02
完璧な白いカタクリの花
雄しべまで白い、完璧な !? 白いカタクリの花。
じつは、雄しべに花粉が入っていないようです。 つまり病変花です。
二年前に咲きだしたのだが、そろそろ不妊治療が必要です。
2017/05/02

この個体の雄しべは、花粉を出すことなく萎れてしまいます。
さらに、「完璧な」と言いつつも、すぐに色変わりします。
画像上にカーソルを合わせてください。
白いカタクリの花
確か この辺に咲いていたはずなのに、見当たらない。
キョロキョロしてたら、知人が大声で 「あったぞ~」
彼もすっかり「白いカタクリの花」の虜になっている。
2017/04/28
白いカタクリの花
昨日開花したのだが、ピンクに色変わりしちゃった。
紋様の色に関係なく、雄しべが黄色いタイプは なぜか色変わりするものが多い。
まぁ、これはこれで、いとおかし。
2017/04/28
白いカタクリの花
ちょっと近寄る事が出来ない状況でも、よく目立つ。
2017/04/28
白いカタクリの花
ここのカタクリの花は、去年見ることが出来なかったので 2年ぶりです。
白花も、いつもの所で待っててくれた。
2017/04/28
白いカタクリの花
2017/04/21
白いカタクリの花
このエリアには毎年10本前後の白花が咲きますが、
気付かずに見落とす方が多い。
2017/04/20
⇒特集 「白いカタクリの花」
白いカタクリの花とギフチョウ
巷の噂では、白いカタクリの花を見つけると幸せになれる ! とか
 さらに、そこにギフチョウが止まれば有頂天になれるとか。
2017/04/07
白いカタクリの花
手前の蕾も白花です。 同時に開花するのを期待していたので、ちょっと残念。
2017/04/05
白いカタクリの花
こらこらっ、白花 ! 赤花をいじめちゃだめだよ。
2016/04/16
白いカタクリの花
あなたは白いパンティー、赤いパンティー
どちらが好きですか ?
2016/04/11
白いカタクリの蕾
なごり雪と白い蕾
今日が開花予定日ですが、ちょっと ためらってしまう。
2016/04/11
白いカタクリの花
2016/04/01
白いカタクリの花
ダルメシアン柄(がら)は いかがかな !
花びらに付いた雨の滴に太陽の光が当たり、そこだけ焼けて傷んだようです。
滴がレンズの役目を果たしたわけです。 ユニークだが、やはり見苦しいか。
2015/05/17
白いカタクリの花
2015/05/11
白いカタクリの花
白花変種(白変種)と言えば、動物園のホワイトライオンなども白変種です。
今だに アルビノだと信じて疑わない方も多いようですが。
白変種は植物に限らず、多くの動物で存在が確認されています。
近所の白い猫や ”白戸家のお父さん” も、実は白変種なのかも知れません。
2015/05/08
白いカタクリの花
「希少な」と思うだけで、美しく見えてくる。
人は 付加価値の虜になる動物である。
2015/05/08
白いカタクリの花
お世辞にも美しいとは言えない白花。
花びらがほんのりと青味がかっていて、毎年孤独に咲いている。
2015/05/01
風変わりなカタクリの花
ちょっと風変わりなカタクリの花を見つけました。
雄しべはアイボリー、花びらは淡いピンクの砂子斑模様。
2015/04/16
白いカタクリの花
後ろ姿も粋である。
2015/04/04
白いカタクリの花
Q. 色素を失うと花びらは透明にならないの ?
A. 簡単に言えば、花びらの組織に光が乱反射して白く見えるのです。
洗剤の泡が白く見えるのと同じ理屈だよ。
2015/04/04
白いカタクリの花
個性を主張しても、孤独感は拭えない。
2015/04/04
白いカタクリの花
「脈々と、受け継がれる 白の系譜」
遥か遠い昔から白花は存在し、白い花を咲かせる遺伝子を 忍ばせているのです。
赤花同士の交配でも、生まれる可能性がある訳です。
2014/04/28
白いカタクリの花
♪ こんなに白さに差があるなんて~、黄ばみが消えて真っ白、
真っ白になった日は~ 何かうれしい足音が~
ホワイトワンダフル !
って名の洗濯用洗剤あったよなぁ
2014/04/28
白いカタクリの花
花びらがカールし過ぎて、大福餅のよう。
2014/04/25
白いカタクリの花
初々しいピンクの雄しべが美しい。
2014/04/17
白いカタクリの花
ここの白花は、すぐに赤く色変わりするので、開花当日に撮影した方がいい。
今朝咲いたのに、もう赤味を帯びている。
2013/05/04
白いカタクリの花
開花3日後、花びらがやや赤味を帯びています。
雄しべが 「グミ」 のようで美味しそう。
2013/04/28
白いカタクリの花
「備えあれば 患いなし」
白変種が生まれる現象は、生物にとって重要な戦術である。 ・・・大げさな !
白い花は、多様な環境変化に適応するための ”備え”であり、
仏壇のおそなえ物ではありません。
2013/04/28
白いカタクリの花
紅一点ならぬ白一点。
異彩を放つも、多勢に無勢 ! 個体数の少ない方が 変種扱いされる。
2013/04/25
白いカタクリの花
「白い妖精たち」
2013/04/13
白いカタクリの花
驚きの7本咲き、この年が最後だった。
2013/04/08
白いカタクリの花
白いから目立つと思うでしょうが、いやいや 思いのほか分かりにくい。
草丈が低いから、地面や落葉などに紛れちゃうんですよ。
2013/04/06
白いカタクリの花
初めて自力で見つけた、「思い出の白いカタクリの花」
残念なことに 翌年から見られなくなった。
白花では珍しい、暗い斑入りの葉です。
2012/04/29
主な撮影地:石川県金沢市、白山市
メール
暇つぶし写真記 > 特集 「白いカタクリの花」 / カタクリの花の写真
Copyright © 2018 Nakano Kei-ichi. All Rights Reserved.