b 市原市八幡のバウミュウ動物病院です。

バウミュウ動物病院







当院からのごあいさつ

バウミュウ動物病院は犬と猫のホームドクターです。また、難易度の 高い病気は高度医療センター、大学病院、各専門医の紹介もしています。気軽に相談してください.

狂犬病予防のお知らせ 3月2日から鑑札の交付ができます フィラリヤ予防はもう少し暖かくなってからしましょう

午前中の休診日はありません 日曜と祭日と木曜日は午後が休診です*****

最新情報&更新情報

春の兆しがありますね。暖かくなったり、また、冷えたり。 ダニやノミも復活ですね。冬は暖かいところで生き延び、卵で越冬したのが、かえってきます、 ダニから感染する重症熱性血小板減少症ウイルスなどを考えるとノミ、ダニ予防は必要ですね。南のほうが 多く報告されていますが千葉県も例外ではなく温暖化で発症が北上しているようです。 関西より南では猫の飼い主さんが死亡した記事がありました。また、昨年は四国の獣医師と助手が動物の 診察中に感染して発病し入院したとか報告がありました。その後回復して退院したらしいです。良かったです。 ワンちゃん猫ちゃんとは違いますが新手の豚コレラが中国などで発生してるとかで、もし日本に入ってくると 大変と、戦々恐々です。水際で止めれるか、一度入ってしまうと今のところ予防もないようです。中国の人たちが 成田空港で生肉を取り上げられて(これは自分で食べる分だからいいでしょ)とか言って検疫官との攻防が 面白おかしくテレビで放映されていましたけど。実は肉が持ち込まれてコレラが入ってくるととんでもない 経済の大打撃になるようです。

犬は虫歯にはならないようですね。虫歯菌とか口内のPHが人と、かなり 異なります。でも虫歯にならない代わりに歯石ができやすく、それはそれは見事な歯石がたまります。 まるでオーストラリアのエアーズロックを思わせる巨石が口の中に出来てるワンちゃんも。ほんと、形状が エアーズロック(今は別の呼び名のようです)のようです。4本の臼歯がひとつながりになって、岩のよう。 そんな時はまず歯根は感染症をおこしてて、根っこはぐらつき、時に悪臭が出ています。もう、抜くしか。 麻酔をかけて、無慈悲にずんずん抜きます。抜いたところを洗浄して糸で歯肉を縫合すれば完了です。 エー、歯が無いとこの子、明日からどうしたらよいでしょう。心配ご無用。ぐらついた感染した根っこが なくなると、気分が良くなり元気になります。ワンちゃんの顔つきが明るくなりますね。

実は猫も結構な歯石持ちです。大きな塊がどさっとついて、それが 頬の内側を傷つけて顔に穴が開いたりなんて考えられないような事が起こったり。犬のように歯髄炎から ばい菌トンネルが顔に開通するなんて事もあります。ばい菌トンネルというのは抜歯した歯の抜け後に 水を注入すると目の下あたりから噴水のように水が噴き出す現象です。口の中から目の下までトンネルが 開通しているんですね。言ってみれば、人ならうがいとかマウスウオッシュで口をくちゅくちゅする度に 目の下あたりからぴゅぴゅーと液が飛ぶんという感じですね  


救急車で

雑話

野球も終わり、ゴルフも終わり、その代わり 冬のスポーツ、ラグビーが始まりますね。野球もゴルフも、ラグビーも一年中やつてますが、ラグビーの 場合は大きな試合が冬に開催されます。ラグビーワールドカップも楽しみです

スポーツは自分でするのも、観戦するのも 楽しいですね。自分では決してできもしないのに(下手くそー)とか騒いだり。そこはキックしなきゃ とか、そのパターが入らないから石川遼はダメなんだよね。もっと右からでしょうとか、勝手なことを ほざいたり。なんでそこでノックオンしちゃうかな、これじゃ早稲田は今年はダメだね。とか。

診察案内

各種予防及び一般診療

狂犬病などの予防は予約なしで1年中できます。

獣医師 :町田幸男、そのほか獣医師1名

診察時間

※祝日は、午後のみ休診です。

ご予約・お問い合わせは:0436-41-1008

雑話

診療時間中はスタッフがおりますので厄介な症例をこなせますが、夜間などは十分なスタッフがおりません。 したがって、例えば大型犬の胃捻転、しばらく寝たきりのウジの湧いた犬猫など、人数の要求される治療は お断りいたします。人数の要求されない急患はなるべく対応していますが、対応に人数が必要な病気の時は 24時間診療動物病院が隣町の袖ケ浦にありますので、そちらを参考にしてください

アクセス情報

八幡駅東口から徒歩5分

〒290-0062 千葉県市原市八幡520

院長・経営責任者・町田幸男

ご予約・お問い合わせは:0436-41-1008