河上肇記念会

 

河上肇記念会会則
一、この会は河上肇記念会と称し、大阪(または京都)に事務所をおく。
ニ、この会は河上肇先生の人格とその業績を称え、これを広くかつ永く伝えるた

めの研究ならびに事業をおこなう。
三、この会は河上肇先生を敬慕し、先生に学び、先生を知ろうとする人々を会員

とし、資格や政治的立場を問わない。会員になろうとする者は文書で事務局

へ申し込む。

 

四、毎年一回総会を京都で開き、会報発行・集会およびその他の事業を行う。


五、この会の運営発展のために世話人および必要に応じて顧問を置き、総会にお

 

いて選出する。 

 世話人代表は世話人会で選出され、この会を代表する。
  世話人中の事務局担当が事務を執行する。
  世話人の任期はニ年とし、重任はさまたげない。
六、この会の経費は会費ならびに寄付金をもってあてる。会費は年額三千円とする。
七、会則に定めなき事項については世話人会で決定する。
八、この会則の改廃は総会の決議による。

 

 

○世話人代表 松野周治立命館大学名誉教授

事務局 山本正志 Tel 075-702-6705  〒606-8201 京都市左京区田中玄京町76

メール:m-ymmt@mbox.kyoto-inet.or.jp

 

河上肇の生涯(1879〜1946 作成 山本正志)

 

資料=会報創刊号からの総目次DATA(PDFファイルで内容を読むことができます:順次公開予定)

 

資料=「河上肇博士関係資料」DATA2

世話人の内藤昭子氏の作成による「河上肇博士関係資料」は、河上肇に関する図書、雑誌、新聞等に掲載された論文、記事
を可能な限り網羅して目録化したものです。「明治34(1901)年5月9日の防長新聞記事から始まって、連載㉓、1987年まで到
り完了しました。

 

お知らせ

会報119号が発行されました。 208.1.31
目   次

2017年度定期総会報告 会員通信

『貧乏物語』刊行100年記念 市民講演会

現代日本の非正規雇用と格差貧困   伍賀一道金沢大学名誉教授

河上肇の経済思想と『貧乏物語』―「生活の質」と貧乏―  八木紀一郎京都大学名誉教授

生活保護引き下げ違憲訴訟と現代の貧困  小久保哲郎弁護士

断片 河上 肇([)  小嶋康生

追悼 尾ア芳治先生  

追悼 藤田整先生  小嶋康生