平成22年10月1日、世界中に約50万人の愛好者がいる五行歌運動の創始者、正岡子規以来の天才草壁先生が私の住む八王子に来られました。「あっとほーむユープラザ」という伊藤大輔市議の経営するデイサービスで要介護老人と職員たちにボランティアで指導された後、私のビルの事務所に御出になり、「八王子五行歌会」が実質的に発足しました。

先生とのお付き合いはもう2年半近くになります。当時作っていたHPに次の写真とコメントを入れました。
 52歳の私 2008年7月1日、高田馬場の居酒屋にて。

 右は五行歌の創始者・草壁焔太氏。草壁氏から、悟った人と会ってみたい、とメールがあり出かけた。
 氏を一目見て「只者ではない」と分かった。私が感動した草壁作品を三つ紹介する

   息子を                 死ぬんなら             枯れ庭の
   精神病院に              息子よ               石蕗(つわぶき)の花
   入れてきた               殺す気で              人
   自分の裏側を             教えたいことも           一人
   見捨てるように            あったのだ
             佇むほどの明るさ
   
 



ネット歌会を始めます。

まずペンネームでこの投稿用掲示板に作品を送ってください。

さらに本格的に興味が湧いてネット歌会(現在四季ごとに年4回開催予定)に参加したい人は人は私宛にメールを下さい。ペンネームで構いません。

一定数集まったら、名前を隠して、独特の方法で採点します。例えば20人が一首ずつ五行歌を詠んだとして全員で採点してもらいます。但し自分の歌を採点してはいけません。そしで得点の高かった上位三席の歌と感想などを五行歌会の本部に送り『月刊五行歌』に掲載されます。ネット歌会は基本的に無料です。
 
草壁先生も仰っていますが、採点と言ってもこれは歌会を楽しくするゲームと考えてください。いい歌が上位に来るとは限りません。暫くネット歌会をやり、仲間の顔が見たくなって歌会の後は酒宴を楽しみたい、という人が現れると嬉しいですね。通常歌会は1000円から1500円ですが、八王子五行歌会は当分は私の持ち事務所で開くので、参加費はワンコイン=500円です。

20首ほど集まったら三々五々ネット歌会を始めましょう。 



五行歌の会 草壁焔太主宰 略歴


草壁焔太(くさかべ・えんた)

1938年、旧満州大連生まれ、9歳のとき小豆島に引揚げる。
東京大学文学部西洋哲学科卒。

1955年(17歳) 前川佐美雄の『日本歌人』に入門。
1957年(19歳〜) 五行歌を発想。
新聞社に勤めたが、その後職を転々としながら詩歌を書く。
詩集に『ほんとうに愛していたら』、『肉のきずなを断つときは』などがある。
『絶唱』『湖上』『詩壇』の詩歌誌を創刊。
1983年(45歳) 『穴のあいた麦藁帽子』(現在絶版)刊行。
1987年(49歳) 五行歌にすべてをかけることを決意。
1993年(54歳) 五行歌集『心の果て』刊行。
1994年(55歳) 五行歌の会を創立、同人誌『五行歌』を創刊して五行歌の普及に努めた。
五行歌集『川の音がかすかにする』刊行。
2005年(67歳) 最新五行歌集『海山』(うみやま)刊行。
※その他五行歌入門書、編著による五行歌集など多数。
 五行歌資料も合わせてごらんください。




 連絡先 〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-19
 川辺ビル 1F 五行歌の会
 電話03-3267-7607 FAX03-3267-7697
 
 
五行歌の会については http://5gyohka.com/ を参照して下さい。
                              
         
八王子五行歌会代表の駄作集はここを