ようこそ和田のホームページへ

 

ゼブラフィッシュ孵化胚頭部の神経軸索(赤)と感覚受容器(緑)

 私たちはゼブラフィッシュを材料に生き物の形作りの仕組み(発生)の研究をしています。注目しているのは、側線神経系です。側線とは、魚が水の流れや振動を感知するための感覚器官で、我々の聴覚器官とよく似た構造をしています。

 側線の感覚受容器は「感丘」と呼ばれるシンプルな構造をしています。感丘は、魚の体の決まった場所に決まったパターンをもって形成されます。また、魚の成長とともに「芽を出して」増加します。

 このような規則正しいパターンはどのように形成されるのでしょうか。側線の組織構築を調べることによって、生物の発生過程における、さまざまな細胞制御の仕組みがわかりつつあります。

北里大学 一般教育部

自然科学教育センター(生物学)