SASUKE名古屋  全日本少年硬式野球連盟『ヤングリーグ』所属 





■チーム紹介

SASUKE名古屋は『全日本少年硬式野球連盟・ヤングリーグ』
に所属する中学硬式野球チームです。
チームは2007年3月に結成されました。
名古屋市および近郊のグラウンドで活動を行っています。

〔活動理念〕
清く・正しく・明るく・楽しく・強く
少年に硬式野球を正しく指導し、規則ある行動と明朗な精神で、
将来、良き社会人になるよう、心身の育成を図ってまいります。
野球の普及はもとより、新しい時代を担う青少年が目標 (野球
の上達、進学に向けての学習)を達成することの喜びを体感する
こと、ルールを守り、人を思いやり、感謝する心を育み健全に成長
することを目標としています。

 〔指 導〕
 指導は高校、大学、社会人野球でプレーや指導した経験があるスタッフで行います。

 〔安 全〕
 ほとんどの選手が小学校時代は軟式野球を経験していますが、中学の硬式野球になり
 打球も早く、衝撃が大きくなります。
 ヤングリーグでは練習の際、胸部保護パッドを装着して守備練習などを行っています。
 胸部保護パッドは硬式球が胸部に当たった際に心臓震とうに至る危険性を低くすること
 を目的としており、安全と硬式球に早く慣れることの両方を意図しています。

 〔保護者の方へ〕
 保護者の方の負担をできるだけ減らし、少しでも多くの選手に参加してもらうため、
 父母会はありません
 小学校のチームと違いグラウンドの中の事は基本的にすべて選手、コーチが行います。
 保護者の方には選手たちを見守っていただくとともに、それぞれのご家庭の都合の範囲
 で可能なことへのご協力をお願いします。

 グラウンド内の選手には保護者の方はタッチしませんが、選手たちと直接グランドで関わることのできる機会は

  @審判
   
  A試合アナウンス

   (高校野球の場内放送同様・・選手紹介や試合進行に合わせた本格的な内容)
  などがあり、父兄の方にご協力いただいています。











     
                          Copyright (C) 2012 SASUKE名古屋 All Right Reseved