西洋軒とは

創業一九三一 初代 富蔵二代目繁が、一九六五年度に後継

先代から二代目、そして三代目へ

先代がカラフトの洋食店で料理長を勤め戦後まもなく津別町でコキール「グラタン」を出したのが西洋軒の始まり。当時、洒落た食べ物を出したけれど、田舎じゃ流行らなかった。二代目が自分の時代に本格的にラーメンや丼物など、オリジナルの味を生み出し三代目に受け継がれた今日、さらなるレベルアップのために、創造、工夫を重ね仕入れなどの食材を、北海道産や地場産にこだわり現在に至る。創業75年をむかえ、オンリーワンを目指し いままで以上にお客様に 満足していただける料理を提供し続けたいと思っております。


アバウト三代目ソース.jpg

三代目 榎本 聖

津別町出身 19歳から西洋軒に入り修行~紆余曲折ありながら☆現在に至る☆
趣味のナイター野球を楽しみつつ、商工青年部・つべつべGROW・さんさん館委員・他・・ 地域貢献など積極的に参加。