線路考(10)(20210403)


R718-15曲線レールとS64直線レールをアキバのヨドバシカメラでゲットした。
いやもちろん、不要不急じゃない用事のついでさぁ。
写真 KATOのユニトラックのレール(2021年2月9日)

6番ポイントは、渡り線に使おうと思って、絶縁ジョイナーに付け替えていたけど、元に戻す。ふぅ。
テキトーに買い物すると、こーなる、とゆー見本。
写真 KATOのユニトラックの6番ポイント

6番ポイントにR718-15曲線レールとS64直線レールをつなぐ。
いやー、思ったよりもデカい。線間隔は66mmだもんなぁ。あやうく床からハミ出るところだった。
写真 KATOのユニトラックの6番ポイント

待てよ、S64直線レールを斜め部に入れずに、S62直線レールを直線部に入れる方法もあるのか。
そうすると、ハミ出しが16.5mm減って、線間隔は49.5mm。そのほうが短い線路にはマッチしそう。
写真 KATOのユニトラックのレール

でも、せっかくS64直線レールを買ったので、とりあえずはそのまま使う。
直線部分はS248×1本だけにする。そうしないと両渡りポイントが収まらない。
そして、さらにR718-15曲線レールとS64直線レールをつなぐ。いやー、ますますデカい。
写真 KATOのユニトラックのレール

そして、最後に、もう一つの6番ポイントをつな・・、あれ、向きが逆だ。がびーん。
写真 KATOのユニトラックの6番ポイント

そりゃ、そーだ。渡り線に使うつもりだったから、二つのポイントは同じ向きに決まっている。ってゆーか、それぐらい気付かないかねぇ。むーん。
とゆーことは、さらに右開きの6番ポイントもポチっとしないといけないとゆーこと?むむーん。


トップ /前ページ /次ページ