■鈴木健也
・まんが家
・「蝋燭姫」(ろうそくひめ)全2巻


・「寒くなると肩を寄せて」短編集


・「伯爵家女中伝」1〜2巻挿絵


・好きな漫画
 沓澤龍一郎「親切」
 鶴田謙二「ベネチア」
 博内和代「チャックのある風景」
 久住昌之
 谷口ジロー「孤独のグルメ」
 ゆうきまさみ「機動警察パトレイバー」
 藤子・F・不二雄「ミノタウロスの皿」
 カリブ・マーレイ
 木崎ひろすけ  「少女・ネム」

・好きな小説
 麻生俊平「ザンヤルマの剣士」シリーズ
 冨永浩史「俺の足には鰓がある」
 新城十馬「蓬莱学園の初恋!」
 マンスフィールド「マンスフィールド短編集」
 サラ・ウォーターズ「茨の城」
 貴志祐介「クリムゾンの迷宮」
 井上夢人「おかしな二人 岡嶋二人盛衰記」
 ブッツァーティ「タタール人の砂漠」
 米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」
 小野不由美「黒祠の島」

・好きなTVアニメ
 ボンバーマンジェッターズ
 無人惑星サヴァイヴ
 陰陽大戦記
 ゾイドジェネシス
 ゼーガペイン
 シムーン
 RED GARDEN
 BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜
 true tears
 喰霊-零-
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
 四畳半神話体系
 
 戦国コレクション

・好きな劇場アニメ
 ストレンヂア
 REDLINE

・好きな映画
 イル・ポスティーノ
 イノセント・ライフ
 蝶の舌
 マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
 白い肌の異常な夜
 トム・ヤム・クン!
 ミリオンダラー・ベイビー
 トロピック・サンダー/史上最低の作戦
 ゴーストワールド
 ぼくらの七日間戦争
 ラヂオの時間
 ジョゼと虎と魚たち
 ラヴェンダーの咲く庭で
 ハードコア
 



12月14日 快晴

12月13日が双子の日、ということで、双子まんが『ジゼルとエステル』を公開しました。前々から何度か話していますが、このまんがは月刊コミックビームに掲載されたもので、当時ビームが外様の新人にたいそう厳しく、16ページのまんがしか載せる余裕はないと言われ、更に担当氏から「16ページで、読んだ人間が一生忘れられない内容のものを描いてくれ」とのオーダーがあり、デビュー前の新人になんて無茶を言いやがるんだと頭をかかえたものです。そのまま深夜の道路を自転車で一時間ほど駆け抜け健康ランドのサウナに入り、『ネタがまとまるまで外に出ない』という荒業を繰り返して生まれたのがこの漫画になります。すべて実話です。死ぬかと思った。

今回公開したやつは生原から作ったやつなんで印刷で潰れたり消えてた線が全部出ててたいへん綺麗になっています。そもそも印刷で消えるような線を引くなという。あと写植してて気づいたんですけど、当時は完全に頭のなかに映像ができてて、その映像を紙に書き写すみたいなやり方で漫画かいてますね。だからネームがかなり「話し言葉」だなあと。今は漫画は「読み物」だと思って描いているので、ネームもかなり「書き言葉」になってます。現実的な生っぽいセリフのやりとり、よりも、目で追って読んでて楽しいかどうかを優先させています。そういう違いも面白いですね。

とはいえ16ページで収まる話では到底なかったわけで、まあ「物語のテンションが最高潮になった瞬間にバサっと幕を降ろす」という技法を早めに習得できたのはよかったんですけど、それにしてもあんまりにもあんまりなので、この話はすぐに続きを考えたのですが、描くタイミングを逃したまま13年くらい過ぎてしまいました。話は完全にできてるんですけどね。ついでに次に描きたい話にも双子が出てくる形になりそうなので、そこと対比させて登場させてやってしまうのも…と、いろいろとプランは進んでます。頭の中で。頭の中だけで。頭の中だけで完成したんで世に出してない漫画が何倍もある人生です(←ダメダメな漫画家志望者っぽい)。ツイッターの方で公開したら「人を選ぶまんがだから〜」という感想をちらほら見かけて、まあ題材的にはそういう面はあるかもしれないですけど、興味のない人やこういうの趣味じゃない人にも読ませるのが作家の技量というもので、そういう面では「人を選ぶまんが」と言われてしまったのは当時の技量が浅かったせいだと思ってます。こういう漫画をそれなりにメジャーな人数に読ませてこそ、相手を全く興味のない沼に引きずりこませてこその、漫画というメディアの力だと思います。

と、こんな感じでたぶん平成最後の更新かと思いますが、いくつか告知など。エッセイまんがを2本描きました。1本はTVアニメ『TEXHNOLYZE』(テクノライズ)の同人誌に寄稿したもので、15年前に放映され今なお有志の間で語り継がれる伝説のアニメ…そう言っても過言ではないと思いますが、そのテクノライズについて当時リアルタイムで全話観ていた人間として忌憚のない感想を描いてます。カラー2ページ、冬コミ1日目なので興味ある方はゲットしてください。

もう1本は今年初めにお亡くなりになった伝説の漫画原作者『狩撫麻礼』氏の追悼本の企画があって、それに寄稿したまんがです。4ページで、氏の原作である『少女・ネム』について描きました。少女・ネムは自分が漫画家を志した頃に衝撃を受けた3指に入る漫画なので(残り2指は『親切』と『チャックのある風景』)、あまりに思い入れが強すぎて、人生で一番辛くて苦労した原稿になりました。が、ありったけを込めて描きましたので、こちらもお読みいただければ幸いです。たぶん原稿がまとまって発売になるのは、来年の春ごろになるかと。平成最後の年にこういう漫画を描くことができたのは大変に有意義でした。

とまあ、諸事をもろもろ片付けましたので、そろそろ本編の連載のほうも再開するかと思います。気楽にお待ちいただければ幸いです。では、よいお年を。


backnumberお仕事らくがきギャル子4コマtwitterpixiv大きな森 小さな園
ジゼルとエステル沓澤龍一郎作品リスト(ただの1ファンです)/伯爵家女中伝↓
伯爵家女中伝公式









御意見・御感想・お仕事の依頼などは、こちらのフォームからどうぞ。
link free.