子猫譲渡に際してのお願い


☆ Eglantine葉山では、心を込めて愛情を持って 1匹1匹の子猫を育てています。
新しいオーナー様のところで愛されるように 
人間とのふれあいを好むように、
幸せになれるように、と大事に育てていますので、
その子の一生に責任の持てない方、転売目的の方、業者の方には
お譲り出来ません。
また、子猫はそれだけの価値が有るものと考え
有償になります。
頂いた譲渡金は、キャッテリーの維持のため、より良いラグドールの作出のために
使わせて頂いております。
どうぞご理解頂きたく、よろしくお願い致します。



☆ 子猫をご希望の皆様へのお願い ☆

皆様もう充分ご承知とは思いますが、
子猫を飼いたいと思われた時に
今一度 本当にその子を一生愛せるか、最後まで責任を持って面倒見られるか
家族の全員が賛成か、
よくよくお考え頂いてご判断下さるよう、心からお願い致します。

前にも書いた事が有りましたが、
ブリーダーの出来る範囲は、その子が健康で ひとりで食事やトイレが出来、
可愛がって接する事により、人間を信頼してくれるようにする所までで、
そのあと、ご自分の家に合った生活に慣れさせて
 新しいパパママを(自分を)信頼してくれるようにしていくのが
生き物を飼う、特に、知能の高い犬猫を家族の一員として飼っていく
一番の「醍醐味」だと思うのです。

確かに、ラグドールの柔らかい毛に触れて「癒やし」になるというのも解りますが
その前に、ちょっと待って下さい!
大人になって、ゆったりと寝そべる姿を想像されるとは思いますが
まず、お手元に行くのは ほんの子供です。
よく私が「ベビーギャング」と書きますが、2〜4ヵ月半位まではよく走りますし、いたずらもします。
犬と違って 高い所に登って 上に有る物を落としたり、(これは大人でもやります。。。(~_~;))
電気のコードをかじったり、写真立てを落としたり、置物を割ってしまったり、などなど。。。
たぶん猫を飼った事の無い方は 想像もつかないいたずらをたくさんします。
それに子猫だって、機嫌の良い時ばかりではありません。
吐いたり下痢をしたり、その後始末だけで 時間をたくさん取られるかも知れません。
甘えたくない時だってあります。
それでも、「この子が欲しい!」と思う気持ちが揺らいだりしないとお思いでしたら
是非この素晴らしい生き物をお手元に置いて 
一緒に暮らしていく事をお選び下さい。

私は、ラグドールという猫に出逢って 心から良かったと思っています。
だから皆様にも この幸福感を味わって頂きたいと思うのです。
ただ何度も言いますが、決してぬいぐるみでは無いのです。

どうか、この点をご理解下さいますよう、再度お願い致します。




子猫見学について

☆ 見学は 4週間過ぎからにお願いしています。

*お問い合わせ中・・・この子を見学したいです、というご連絡が有ったと云うことで
               予約済みではありません。他の方も見学・お申し込み出来ます。

*ご予約済み・・・・・・予約金を入れて頂いた時点で予約済みとなり、他の方からは
お申し込み頂けません。

*新しい家族が決まりました!・・・譲渡代金を入れて頂き、お迎えの日が決まった子です。




トップへ
トップへ
戻る
戻る