HOME 更新記録 プロフィール Concert 音楽 写真日記 写真館 今日の空 美術館 リンク N響団友オーケストラI


Gourmet 好きな喰い処


Amore! Mangiare! Cantare !
恋をして!食べて!歌って!

グルメとは食通、美食家、料理や酒の味の鑑識力のある人の事です。
最近テレビなどで賑やかな単なる食いしん坊のことではありません。

好きな喰い処  
 蕎麦 荒井(横浜市港南区)
 あらきそば(蕎麦 村山市)
 一茶庵(蕎麦 鎌倉市)
 おかむら(蕎麦 逗子市)
 翁達磨(蕎麦 広島県豊平)
 おめん(和風季節料理 京都市)
  銀八(寿司 港南台)
 謝甜記(中華料理 横浜中華街)
 つゆ木(天麩羅 天童市)
 ひよこ(ステーキ 金沢市)
 肉藝人 坂本 平人(蓼科)
 万両(おでん 京都市先斗町)
 G&S MIYACHI(イタリア料理 那須)
 樂之軒(らくしけん)(日本料理 上越市)
 老祥記(ぶたまん 神戸市)
 東山 ロベール デュマ(フレンチ料理 金沢市)

美味しいもの
 かぶらや(かぶら寿し 南砺市福光)
 木次酒造(日本酒 奥出雲)
 金笛(醤油 埼玉県川越市)
 千鳥酢(250余年の歴史をほこる酢 京都市)
 八海醸造(日本酒、焼酎、ビール 南魚沼市)
 はれま(ちりめん山椒 京都市)


各画像をクリックして下さい。


蕎麦 荒井 2016年に開業した「蕎麦 荒井」はJR港南台駅から車で5〜6分くらいの所の清水橋交差点を公田方面に左折して間もなく左側に日産のレンタカーがあるが、こその手前の蕎麦あらいののぼり旗が出ている所を左に細い路地を入った奥にある。通りからちょっと入っただけで静寂な別世界だ。足利一茶庵の片倉康雄の遺伝子を受け継ぐ本物の蕎麦が味わえる。TEL:045-294-2105 地図


あらきそば写真は厨房で忙しい当代主人芦野又三氏夫人のよし子さん。山形県村山市大久保に在る「あらきそば」は私が大好きな蕎麦屋である。通い始めてから既に40年ちかくになる。そば粉100パーセントの蕎麦は割り箸のように四角で太さも大体同じくらい。文藝春秋社から出版された「あらきそばの神髄」(里見真三著)に詳しいので一読をお勧めする。2015年にフランス政府認定世界トップ1000レストラン「ラ・リスト」に東北で唯一、あらきそばが選ばれた。とにかくここの蕎麦に対するこだわりようは並みじゃない。鰊の味噌煮や季節の煮物や漬け物なども美味だ。量が多いから腹を空っぽにして行くと良いだろう。


一茶庵鎌倉の「一茶庵」はグルメ(食通、美食家)の名を欲しいままにしていた名ピアニストの故安川加寿子先生が教えてくださったお店である。今やそば打ち名人と謳われる高橋邦弘さんと同じく、一茶庵も片倉康雄から学んだ。 美味しさに惹かれて40年も通っているが、ここの鴨南蛮ソバは天下一品と言って間違いない。山形のあらきそばが田舎風の最高峰なら、一茶庵は洗練された都会風の最高峰と言えるだろう。鶴岡八幡宮三の鳥居の斜向いにある。電話:0467-22-3556(木曜定休)[ぐるなび情報](写真は鴨南蛮1,940円)


おかむらソバ打ち名人高橋邦弘さんの弟子が営む蕎麦屋「おかむら」は逗子から横須賀方面へ行く県道24号線の「葉桜団地入り口」信号を右に曲がって坂を登ったところにある。蕎麦好きを唸らせてくれる味は流石だ。お店の人たちの応対も実に感じがよい。店内には清水公照の色紙が飾ってある。電話:046-872-9803(火曜日、第一、第三、第五水曜日定休)


高橋邦弘ソバ打ち名人の名を欲しいままにしている高橋邦弘さんが楽しそうに打つ姿は「ソバ人間」そのもの。東京から山梨県の長坂へ、そして2001年6月から広島県豊平町長笹で「達磨・雪花山房」を開店した。「蕎麦行脚」には全国のそば会、そば祭り等の移動営業の情報が出ているから広島以外でもありつける可能性がある。


おめん銀閣寺の入り口に近いところに「おめん」はある。おめんとは麺類のことである。京都でのコンサートの後ではここで打ち上げ会をやって大いに盛り上がるのが常。メイン料理は「おめん」という饂飩料理だが、一品料理もたくさんあり、それらのどれを食べてもとても美味しい。行列ができるので早めに行くと良い。おめんニューヨーク店も人気だ。電話:075-771-8994


銀八銀八は2011年3月に港南台駅から現在のところに移転した。いつ行っても新鮮ネタで美味しい寿司が食べられる。にぎり方がうまいし仕事が速いのも気に入っている。JR根岸線港南台より横浜女子短大方面へ行きひばり団地前信号を超えて右側の荒井ビル1階。徒歩数分。新しい電話番号:045-833-9522


謝甜記謝甜記は山下公園側から東門を入って中華街大通りを行くとすぐ右側にある。お粥が専門のお店だが料理も抜群に旨い。お薦めメニューは鮮蝦粥、野菜粥、海老粥、豚肉粥、三鮮粥料理など。梅みそ付き鳥の唐揚げ(写真)の美味しさよ。近くに2号店もある。


天麩羅のつゆき温泉と将棋で有名な天童に在る「つゆ木」の天丼は旨い。屋台から生まれた庶民の味、と店主は言う。100%のごま油で揚げる。後味もさっぱりして、全く胃にもたれない。あらきそばとは親戚関係だ。 [その他の情報] 電話: 023-654-3521


ひよこ普段は殆ど肉を食べない私だが金沢へ行った場合だけは別だ、「ひよこ」があるから。ここのステーキは絶品中の絶品。280グラムを食べてもまだ足りない感じがする。小さなカウンターだけのお店でメニューはフィレステーキの一種類に徹している。金沢市菊川 1-34-19 電話:076-263-4054 定休日/月曜日(祝日の場合は営業)営業時間/16:0022:00(土日祝は11:0022:00) 収容人数/カウンター8席 クレジットカード/使用不可 駐車場/有5台


ピーター中央高速の諏訪インターから10分のところにあるレストラン・ピーターのシェフ肉藝人こと坂本 平人さんとは30年近いお付き合いになる。コックコートと帽子の色から私がつけたあだ名はお賓頭盧(おびんずる)さん。ドイツのバイエルン州ルポリンクなどでソーセージ・ハムの製造技術を修得し、ドイツやオランダでのコンクールで度々金賞を得ている腕前。いまレストラン・ピーターは息子の坂本 逸人(さかもと はやと)さんに任せて、自分は数年前から蓼科湖にちかいところに可愛らしいログハウスを建てて“ザ・ババリアン・ペーター・タテシナ”と言う店を開業し、自作のベーコン、バーベキューソーセージ、骨付きスモークチキン、などを販売している。彼はいつも楽しそうに働いている。会っているだけでも楽しくなってくるような人だから楽しい買い物ができるだろう。(肉藝人=光徳寺19世住職高坂 制立師の造語)


万両四十年数年来通っているおでんの万両。京都の先斗町を四条から三条へ向かってしばらく上ると頭上に電光看板が出ているのですぐにわかる。そこを左に入ると万両さんだ。濃くも薄くもない絶妙の味のおでんはそうあるものではない。ぜひお試しあれ。クラシック音楽愛好家の店主が歓迎してくれます。開店は夕方6時ころから。


Galleria e Salone芝浦工業大学建築学科を卒業したシェフ宮地 巌さんは建築設計の仕事をもつ傍らイタリア料理を勉強、2000年にイタリア料理店 G&S MIYACHI を開店したという変わり種。福島県南郷村にあった築百年の中門造りの民家を那須に移築、お得意の建築設計の腕で素晴らしい空間を作り上げた。そこで頂くイタリア料理は飛切り美味しい。シェフの楽しい話も雰囲気を盛り上げてくれる。那須へ行ったらG&S MIYACHIをお忘れ無く! G&S MIYACHIG&S はイタリア語の Galleria e Salone ガレリア・エ・サローネのことだそうです。電話:0287-64-3872 営業日 3月12月の木日曜日 ランチ 12:3014:30 ディナー18:3021:00 料金¥6,300-¥15,750 410名 1組限定


樂之軒樂之軒(らくしけん)は上越市の町から遠ざかった海に近い静かな一角にある。何と幸運なことに開業その日に行ったのが最初だった。以来とても親しい間柄になている。一歩中に入るとそこは異次元の世界。蔵を改造した空間は外界から隔離されて幽玄そのもの。四季折々の山海の珍味を心ゆくまで堪能し、じわっと満足感に浸る、そんなところだ。馳走とはこういうものであったのか、とうなずく。食材は全て地元産。一日一組に限定。 電話:0255-43-7384(要予約 無休)


老祥記JR神戸線元町駅より徒歩5分のところにある老祥記の豚まんほど美味しい豚まんは他には絶対に無いと断言できる。1日に1万3000個の豚まんが一個残らず売れてしまうというから凄い人気である。店で出来たてを食べるのが一番美味しいだろうけど、幸せな事に冷凍して送ってくれる親しい友人Hさんがいるので、家ではそれを出西窯の器で蒸し戻して食べる(写真)。これがまた最高に美味しい。開店と同時に行列ができ、30分以上並んでやっと買えるという超人気店。電話: 078-331-7714(月曜定休) 電話:0255-43-7384(要予約 無休)


ロベール デュマ店長&ソムリエの渡邉 舞衣さんの笑顔が素晴らしいフレンチレストラン東山ロベール デュマ(Robelt Dumas)は金沢市東茶屋街にある。築120年の町家を改築したという落ち着いた雰囲気の中で絶品の料理を頂く幸せを堪能してください。シェフの岩崎秀史さんはフランスで修行した料理の達人です。とにかく美味しいです。所在地 〒920-0831 石川県金沢市東山1-13-9 営業時間 ■ランチタイム11:30〜15:00(ラストオーダー14:00) ■ディナータイム 17:30〜23:00(ラストオーダー22:00) 定休日:月曜日 Tel.076-254-0909
金沢ケーブルテレビで紹介された東山ロベール デュマ

美味しいもの


かぶらや「かぶらや」は富山県南砺市の城端線福光駅からさほど遠くないところにある。ここの「かぶら寿し」は私の大好物。鰤をかぶに挟んで発酵させるかぶら寿しには良い鰤が欠かせない。冬が来てあられが降りはじめ、雷が鳴って気候が荒れてくることを地元の人たちは「鰤おこし」と云うが、これがきてから翌年3月頃までが賞味期間である。これはまさに絶品。冬季が待ち遠しい。是非是非ご賞味あれ!冬季限定品以外に通年品もある。


木次酒造木次酒造は中国山地から宍道湖へと流れる斐伊川上流の木次に在り、五代目社長で同時に杜氏でもある川本康裕さんの情熱によって香しい銘酒を生産している。大吟醸酒だけで四種類もある。一時期経営が危ぶまれたことがあったと聞くが、川本さんの並々ならぬ努力によって見事復興を果たしたという。ここより更に上流の斐伊川に沿った奧出雲湯村温泉に湯の上館という昔から大好きな一軒宿の自噴温泉があるが、ここで河鹿の鳴き声を聞きながら戴く木次酒造の酒は雰囲気も加味して旨いの一言。(写真は社長の川本康裕さんと)facebook


金笛寛政元年(1789年)創業の笛木醤油が作る商品のなかの「金笛」は昔から我が家に欠かせない醤油だ。金笛木醤油は創業以来伝統的な醸造方法を守っており杉桶の中でゆっくり時をかけ作り上げる。香りも良く、醤油は世界一の調味料だと実感する。何と言っても名前が金笛とは素晴らしいではないか!


千鳥酢創業250余年の歴史を誇る京都の老舗村山醸酢株式会社の「千鳥酢」は我が家で35年以上も前から愛用している無くてはならない酢だ。味がまろやかで酸味がとてもやわらかいのが特徴で鮨飯などはほんわりと出来上がる。


清酒八海山1922年創業の八海醸造。品質を上げても値上げはしないで日常飲める「高級酒」をめざす、と創業85年、3代目代表取締役社長南雲二郎氏は語る。八海醸造は「八海山泉ビール」の名でヴァイツェン、アルト、ピルスナーの三種類を出しているがいずれも美味しいビールだ。2008年4月よりアルコール度25%の本格米焼酎黄麹三段仕込「宜有千萬」(よろしくせんまんあるべし)が発売され話題になっている。(写真八海醸造社長の南雲二郎さんと) 八海山泉ビールが飲める泉ヴィレッジ


はれま「はれま」のチリメン山椒は昔からの大ファン。京都にある数あるチリメン山椒だが「はれま」はひと味もふた味も美味しい。吟味された素材で手作で製造しているし、もちろん防腐剤や着色料も使っていない。お茶漬けやお酒の肴にも最適。熱いご飯と食べるとつい食べ過ぎてしまう。他に野菜昆布もある。一度食べたらクセになること間違いなし。




to link index

HOME 更新記録 プロフィール Concert 音楽 写真日記 写真館 今日の空 美術館 リンク N響団友オーケストラI

























アクセスカウンター