HOME

KOIDESSIMOの表紙です。

What's New

記事の内容を更新した日が表示されます。


koidessimo Museum


能面 小面

能面師  浅見 晃司 作

画像にマウスONで横顔になります。


koidessimo collection

Sony α7II+Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8 Dで撮影


小面


浅見晃司氏
能面師 浅見晃司氏


女面の中で 一番年が若く十六.七歳の乙女を表した小面 (こおもて)。同じ小面でも時代、作者などによって微妙な違いがあるようである。福島県御面堂にて能面製作に没頭する浅見 晃司氏の精神と冴えた腕から生まれた非常に美しい小面である。見る角度によって微妙に表情が変化するので演者は付ける角度にこだわるという。また演者は桧舞台に出る前に「鏡の間」でしばし面と一対一で過ごすが、ここで演者の人格はシテになりきってしまうという。

浅見氏の連絡先 〒969-7402 福島県大沼郡三島町名入字根居平1364-1御面堂 浅見 光司
日本能面美術協会顧問・寺井 一佑氏のご厚意により様々な能面の表情を見ることができます。






マウスを乗せると中身の簡単な説明が現れます。

齋藤 真一 清水公照 三重奏の絵 H・ボス カフスボタン モラヴィアの人形 磁器製の人形

ぐい呑み 徳利 漆器 茶碗 浅見晃司 香炉 作陶

























アクセスカウンター