HOME

KOIDESSIMOの表紙です。

What's New

記事の内容を更新した日が表示されます。


koidessimo Museum


第二百八世東大寺別当、華厳宗管長 清水公照の書

「天 笙 地 鼓」


清水公照が色紙や焼き物などに好んで書いた天笙地鼓の文字。1973年に始まって1980年に完成した東大寺昭和の大修理の際に心ばかりの寄付をしたところ、この書を戴いてしまった。天からはメロディーが、地からはリズムが響きあってそれらが和し、一つのものが完成する、ということであろうか。深淵な響きがする言葉である。




koidessimo Collection





マウスを乗せると中身の簡単な説明が現れます。

齋藤 真一 清水公照 三重奏の絵 H・ボス カフスボタン モラヴィアの人形 磁器製の人形

ぐい呑み 徳利 漆器 茶碗 浅見晃司 香炉 作陶

























アクセスカウンター